セレン式TOEICメソッドは効果ある?メリット等も合わせて解説!

ビジネスマン=英語ができて当たり前、だそうです、私の上司曰くですが。

皆さんも、こんな経験はないでしょうか。

(英語なんて自分の仕事で使わないのに、なんで勉強する必要があるんだろう…)

(今まで中学・高校で6年間勉強しても大して身につかなかったから、今更意味ないだろう…)

私も同じ気持ちを抱いており、今まで仕事で英語を求められたことはなく、自分から勉強しようとも思っていませんでした。

しかし、今や時代は急速に変わりつつあるようです。

情報化社会においてはもはや国境は存在せず、あらゆる物事が世界基準で考えられています。

私の本業の自動車業界なんて、まさにそうです。

全ての基準は全世界ベースで考えられていますし、新しい技術も英語でプレスリリースされています。

なるほど、これは是が非でも英語をマスターしなければ・・・!

しかし、どうやって?

全くの英語初心者(中学生レベル)のおじさんでも、効率的かつ短期間で仕上げることは可能なのか?

本サイトでは、そんな私がどのように英語を学習し、昇進試験でもあるTOEICスコアをパスしたのかを語りたいと思います。

きっと英語に悩める皆さんのお力人になれると思いますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

セレン式TOEICメゾッドHP

Contents

より効率的にTOEICの試験対策を行うために

より効率的にTOEICの試験対策を行うために

英語の勉強といっても、いくつかに分類できると思います。

私の学生時代の遠い記憶だけを頼りにするのは心許ないので、少しネットで調べてみました。

どうやら英語はリーディング・ライティング・リスニング・スピーキングに分類することができ、その内TOEICに必要となるのはリーディングとリスニングです。

昇進試験を突破するには720点なので、全体の7割程度を正解できるように仕上げなければなりません。

そして私に与えられた時間は約半年ほど。

短すぎることはありませんが、十分すぎるとも言えない時間です。

とにかく無駄なく最短で仕上げたい、そんな思いもあり、この際独学での学習は選択肢から外し、TOEIC対策に特化した教材を探しました。

セレン式TOEICメゾッドHP

たった3ヶ月で800点超えも可能!?超速TOEIC800点獲得メソッドとは?

たった3ヶ月で800点超えも可能!?超速TOEIC800点獲得メソッドとは?

様々な教材を探しているうちに、私がたどり着いたのが今回紹介するセレン式TOEICメソッドです。

どんな内容なのかはこれから紹介していきますが、まさにTOEIC対策に特化したプログラムで、大企業の研修にも使われていたものが、一般向けに公開されるようになったのだとか。

その詳細を本節にて詳しく解説したいと思います!

ちなみに誤解しないで欲しいのですが、私は業者とかの回し者ではありませんよ(笑)

ただ純粋に良いと思ったもの、救われた恩返しも込めて紹介をしているのです。

英語非エリートの希望!セレン講師について

セレン式TOEICメソッドという名の通り、カリキュラムの講師を務めるのはセレンさんです。

画像の文言

このセレンさんの経歴にも魅力があるので、少し紹介させてください。

驚くべきことに、セレンさんが本格的に英語学習を始めたのは、31歳の時だそうです。

それまではミュージシャンとして活動されており、特に英語に携わっていた経験もない、という状況でした。

なぜ英語を学び始めたのか、その理由は、道端に外国人に話しかけられた時、全く対応できない自分にショックを受けたからだそうです。

そこから本腰を入れて英語を学び始めたのは良いものの、全く伸びず悩んだ時期も長く、その英語キャリアは決して順風満帆ではありませんでした。

それもそのはず、先ほども挙げたようにセレンさんは有名大学出身というわけでもなく、留学経験があるわけでもなく、英語とは無縁の生活だったからです。

そこで一度、独学での学習を辞めて成功者たちの英語学習法を徹底的に研究しました。

その中でパターンやコツに気づき、みるみる英語を習得!この手法を英語に悩んでいる人に届けたい!という思いから講師業に進まれています。

画像の文言

またTwitterでも英語学習に関する情報発信をされており、そのフォロワー数は1.4万人と、かなりの影響力の持ち主です。

ヘッダー画像にある「英語を始めるのに決して遅すぎることはない」という言葉も良い味を出していますよね。

31歳から英語学習を始めたセレンさんの言葉だからこそ、説得力を持っていると思います。

そんなセレンさんが作り上げたTOEIC攻略法が、セレン式TOEICメソッドなのです。

ステップ1:TOEIC800点に必要な知識の習得

セレン式TOEICメソッドでは、まず最初に土台となる知識をインプットします。

何事においても基礎は大事で、野球で言えばボールの握り方やバットの振り方の段階です。

つまり英語の基礎に当たる、単語と文法を重点的に学習するのです。

(そんなの当たり前じゃん?普通は誰だってそうするでしょ?)

そんなふうに思うかもしれませんが、ちょっと考えてみてください。

いざ単語や文法を勉強しようと思っても、どこから手をつけますか?

またどこまでやれば十分だと思いますか?

おそらくほとんどの方が、どこまで勉強を詰めれば良いのか、ご存知ないと思います。

ただでさえ時間を無駄にしたくないのに、必要ない部分まで勉強して、時間や労力を浪費したくないはずです。

TOEIC対策に本当に必要な知識だけを学ぶ、それが最初のステップになります。

ステップ2:リスニングとリーディングを正確に理解する

TOEICはリーディングとリスニングの2パートに分かれていますが、実はどちらもそこまで難易度は高くないのです。

私も痛感しましたが、難しいのは英文をいかに「早く」なおかつ「正確」に読めるかがコツになってきます。

その対策を重点的に行うのがステップ2になります。

しかし、きっと多くの方がこう思うでしょう。

(そんなの参考書を買って、過去問を解けばいいのでは?)

確かに、地道な努力が得意でたっぷり時間もある方は、それでも良いのかもしれません。

しかしできるだけ最短コースで、手っ取り早く仕上げようと思えば少し厳しいものがあると思います。

セレン式TOEICメソッドでは、リスニングとリーディングの正確性、理解力を飛躍的に向上させる学習法を「セレン式」ならでのやり方で指導しており、習得することで700点は見えてくるはずです。

この「セレン式」の詳細については、また後述します。

ステップ3:解答速度を飛躍的に向上させるトレーニングを行う

ステップ1とステップ2をこなせば、単語や文法が理解できる、英文が正確に読めて聞ける、という状態まで来ています。

つまり英語力の「質」が仕上がった状態で、次に必要になるのは、当然「量」です。

TOEICは比較的シンプルな英文で構成されていますが、その問題量はかなりのものです。

私は今までTOEICを受けたことがなかったので知りませんでしたが、初めて試験問題に目をした時は驚きました。

ページをめくってもめくっても、問題が終わらない…。

試験時間は2時間しかないのに、問題数は200問題。1問あたり、36秒しかありません。

普通に読んでいればまず終わらないと思います。

そこでステップ3では、TOEICのテクニックやコツを習得し、傾向や問題に合わせた対策を行うことで、スピードアップを目指します。

ステップ2で触れた「セレン式」と合わせて、どのような対策を行うのかは、また後ほど紹介したいと思います。

詐欺に引っかからないために!株式会社E-Lifeについて

最後にこのセレン式TOEICメソッドの運営元を紹介しておきます。

英語教材に限ったはないではありませんが、何か新しいサービスにお世話になるときは、運営元の確認は必須です!

私は詐欺にあったことはありませんが、市場規模の大きい英語業界では良くない噂も多くあります。

いざという時に連絡や申し出ができるよう、必ず運営元は抑えておきましょう。

運営会社:株式会社E-Life

代表:柳川 和貴

所在地:〒358-0003

埼玉県入間市豊岡1-4-30キャスル801

電話番号:03-6402-3375

メールアドレス:info1@cellen-toeic.com

事業内容:

・TOEIC対策講座の企画・運営

・セミナー、各種コミュニティ内イベントの企画・運営

セレン式TOEICメソッドでは、きちんと運営元が表記してあり、事業内容も健全です。

セレンさんは大企業や銀行相手に6年以上英語研修を担当されているそうですが、おそらく上記の株式会社E-lfeより、法人としての活動だったのだと思われます。

セレン式TOEICメゾッドHP

セレン式TOEICメソッドのメリットとは?

セレン式TOEICメソッドのメリットとは?

英語の学習方法や、教材は様々なものがあります。

その中でどうして私がセレン式TOEICメソッドを選んだのか、これから紹介するメリットを読んでいただければ分かるかと思います。

短期間で驚異的なスコアアップが狙える

やはり一番の理由は、最短3か月の学習期間で800点という高得点を狙えるということです。

TOEICを受ける理由は人によって様々あると思いますが、受験や就活など、ほとんどが限られた期限での取り組みではないでしょうか。

そんな人たちにとって、短期間で得られる結果、つまり即効性はとても魅力的に感じると思います。

またDMMの調査によれば、英語学習の挫折理由は「暗記が苦痛」「学習が楽しくない」がかなりの割合を占めているようです。

しかしセレン式TOEICメソッドでは、そんな悩みは関係ありません。

実力もすぐに伸びるので、成長を楽しめる人だったらどんどうん実力が付くはずです!

英語初心者でもOK!

今の英語力とは関係なく始められるというのも、私にとってはありがたいポイントでした。

恥ずかしながら私の英語力は中学生レベルも怪しかったので、最初は不安だらけです。

しかしセレン式TOEICメソッドでは、どんな人でも問題なく取り組めます。

例え英語に自信がなくともステップ1とステップ2でかなり鍛えられるので、実践問題に取り組む頃には実力も付いていることでしょう!

もちろん、今まで英語に携わる機会が少ない人ほど覚えることは多くなりますが、それでもがくしゃらに独学で取り組むよりかはよっぽど効率的になるはずです。

セレン講師が教えるからこそ挫折続きの人でも達成できる!

「いいプレイヤーがいい監督になれるとは限らない。」

これはスポーツでよく言われる話ですが、他の分野でも言えることです。

例えば英語においても、留学経験豊富である方や、帰国子女からTOEIC対策を教わっても、芯を食った学びは得られないのではと考えています。

どちらかといえば、セレンさんのように、決して若くはないタイミングから英語学習を初めて、様々な苦労や悩みを経た人の方が、これから学ぼうとする人の気持ちも分かるはずです。

だからこそ自分のようなおじさんでも「やればできる」というと安心感を持って、前向きに取り組めるとは思いませんか?

セレン式TOEICメゾッドHP

セレン式TOEICメソッドのデメリットについて

セレン式TOEICメソッドのデメリットについて

実際にカリキュラムを受講してみて、人によってはデメリットになるだろうなぁ、と感じた部分をまとめてみました。

全ての人に当てはまるとは言い切れませんが、念のためお含みおきください。

英語が万能になるわけではない

TOEIC対策を行えば、確かに英語力の基礎は身につきます。

しかしそれはあくまでTOEICの範囲内の話ですね。

コミュニケーションに重要なスピーキング、ライティングが身につくわけではないので、英語を学ぶ目的によっては注意が必要です。

とくにTOEIC対策を重点にした教材は、英語知識というよりも問題を解くためのテクニックを深く学ぶことになります。

ですので、TOEICは英語を学び始めるきっかけとして学び始めるのは良いかもしれませんが、より本質的にネイティブみたくなろうとする方には、他の教材を検討すべきだと思います。

受講料金がそれなりに掛かる

最大のデメリットは、やはり金額面にあります。

セレン式TOEICメソッドは、3種類のコースから選択でき、それぞれ値段と内容が異なります。

選べるコースは以下の通りです。

・基本パック:217,800円(税込)

・着実パック:437,800円(税込)

・教材パック: 54,780円(税込)

セレン式TOEICメソッドのノウハウが知りたくて、独学でも進められるという人は教材パックを買う選択肢もあります。

対象に、時間をかけて徹底的に伸ばしたいという人は、少し値が張りますが着実パックですね。

確かにお金が掛かるというのはデメリットだと言えるでしょう。

しかしお金やリスクを伴うからこそ強制力が生まれ、人は行動するようになるとも言われています。

自己投資に惜しみなく前払いした人だけが、行動を起こせて、より抜きん出た存在になれるというわけですね。

セレン式TOEICメゾッドHP

怪しい?嘘じゃない?なぜ短期間で効果が出るのか

怪しい?嘘じゃない?なぜ短期間で効果が出るのか

(本当に3ヶ月で800点取れるのだろうか…)

セレン式TOEICメソッドを知った時は、不思議でなりませんでした。

向こうは私の英語力を知らないのに、なぜ言い切れるのだろうか。

しかし上でも少し紹介した「セレン式」の秘密を知ってしまえば、その理由にも納得できるものがあったのです。

単語と文法を効率よく覚える

TOEICで800点取るために必要な単語数をご存知でしょうか?

なんと6800〜7200語もあります。

これに加えて、文法も覚えなければならないので、かなりの量を頭に詰め込む必要があります。

セレンさんいわく、普通にやろうと思えば半年以上の時間が掛かるそうですが、「セレン式」では1ヶ月も目標にしています。

具体的なやり方を説明しますと、例えばこの単語「streamline」の意味が分かりますか?

答えは「効率化する」という動詞なのですが、知らなかった場合は「streamline」=「効率化する」というふうに暗記することになると思います。

しかしそれでは非効率であり、なにより暗記自体が苦痛に感じますよね。

そこで「セレン式」では「The firm was able to reduce costs by streamlining its manufacturing process.」といった感じで、単語だけでなく文章全体で覚えるよう指導しています。

英文を覚える方が大変じゃないの?

(でも単語を覚えるより文章を覚える方が大変なんじゃないの?)

(英文覚える方が単語覚えるより時間がかかるんじゃないの?)

きっと多くの方がそう思うでしょう。

実は覚え方にもコツがあり、そのうちの1つがチャンク(かたまり)化で覚えるというものです。

チャンク化はあのメンタリストDaiGoさんも紹介している暗唱方法で、活用すれば圧倒的な量を頭にすんなりと入れることができるようになります。

例えば電話番号をイメージしてみてください。

一度に全ての桁を暗記することは難しいですが、〇〇〇-〇〇〇-〇〇〇のようにハイフンで区切ってしまえば、覚えやすい気がしてきませんか?

先ほどの「streamline」の例文で考えてみると、「The firm was able」「to reduce costs」「by streamlining its manufacturing process.」と区切ることで、使い方や文法など、単語だけで覚えるよりも多くの学びが得られます。

より効率的な解き方を体得できる

そして「セレン式」では、問題を解くスピードに関してもコツやテクニックを伝授していただけます。

「セレン式」=TOEICで高得点という図式は、このスピードテクニックに起因するといっても過言ではないでしょう。

まずは以下の問題をご覧ください。

普通に問題を解こうと思ったら、まずは英文全体に目を通し、内容を理解しようとしますよね。

画像の文言

しかし最初から文章全ての英文を対象に読むと、時間がかかり過ぎてしまいます。

これでは答えにたどり着くまでに時間がかかり過ぎてしまい、とても非効率なのです。

ただ「セレン式」によって、問題の答えに絡む文章をあらかじめ最小範囲に絞れば、その分読む分量を減らすことができます。

重要な文言は、だいたい書かれている位置がパターンで決まっているのです。

皆さんも新聞を読む時は、1ページ目の最初から読もうとはしませんよね。

自分の知りたい情報に合わせて、関係ある欄しかチェックしないと思います。

文章量の規模は規模は違いますが、考え方はそれと同じで、必要な情報を必要な箇所から集めるテクニックを身に付けることができるのです!

セレン式TOEICメゾッドHP

TOEICの試験対策で失敗しないためは…?

TOEICの試験対策で失敗しないためは…?

TOEICで800点以上取れる人材は多くはいません。

実は受験者の全体の10%にも満たないのです。

そこで本節では、なるべくTOEIC対策で失敗しないように、ありがちな原因について説明したいと思います。

基礎が仕上がっていない

体が出来てないうちから激しい運動をすれば、怪我や故障してしまうことになります。

それと同じように、TOEICでも基礎が仕上がっていないうちから取り組んでも、結果や成長をできず、挫折の原因になってしまうのです。

だからこそセレン式TOEICメソッドでは、最初のステップとして基礎作りに注力しているというわけですね。

問題を最後まで解くスピードを持っていない

TOEICの点数が伸びない原因として大きなものが、最後まで溶けるスピードを持っていないということです。

私が500点代だった頃は、全体の6〜7割しか読めていませんでしたが、最後まで読めるようになっただけで700点まで伸びました。

特に知識が増えたわけでもないのに、速読が身についただけで、このくらいのスコアアップです。

ですので、今一度自分の英読スピードを確認してみてください。

下手に知識ばかりつけるより、よっぽど有効かもしれませんよ!

英語脳が出来ていない

英文を読んで、脳内で日本語に変換して、それから意味を理解するというやり方では到底解き終えることはできません。

スコアアップで伸び悩んでいる人は、英語を英語のまま理解する「英語脳」が出来ていないのです。

じゃあどうすれば「英語脳」ができるのかと言えば、とにかく慣れるというよりありませんが、私の場合はセレン式TOEICメソッドのステップ2において、英語脳が出来上がる実感がありました。

独学で進めてもスコアが伸びないという人は、おそらく英語脳がまだ備わっていない可能性があります。

ですので、ぜひ「セレン式」を頼ってみるのはいかがでしょうか。

セレン式TOEICメゾッドHP

参考になりそうな口コミ・評判を紹介!

参考になりそうな口コミ・評判を紹介!

セレン式TOEICメソッドについて調べている時、いくつかの口コミが参考になったので、ここでも紹介したいと思います。

TOEICスコアは就活にも有利!(女性/21歳/学生)

エントリーシートに書ける資格を増やすためにTOEICを頑張っていましたが、独学では限界を感じました。

問題は参考書で解くことができますが、時間を早めるコツなどはやはり有識者に聞くのが一番だと思いセレンさんに教わることにしたのです。

セレンさんについては、もともとTEDに出演されていたりと、知っている方だったので安心感もありましたね。

セレン式でTOEICを実践し始めてからは、すぐに結果が出てきました。

もともと少しは自分で勉強していた部分もあるので、他の人より有利な部分もあると思いますが、特に実力が付いたのは長文読解です。

読むべき文章とそうでない文章の区別がすぐにできるようになったため、解答スピードが格段にアップし、その結果がスコアに反映されていったのです!

まだ独学で伸び悩んでいる方や、TOEICに特化したテクニックを求めている方は、実践してみる価値があると思います!

ワーホリの下準備としてTOEICを受験することになりましたが…(男性/25歳/自営業)

将来は海外で働きたいので、経験としてワーキングホリデーに行くつもりですが、家族からの承諾が得られず、悩んでいる状況でした。

家族の提案としては、英語の勉強は日本にいてもできるでしょう、とのこと。

確かにそうなのですが、海外でしか学べないことも多いはずです。

そこで、すでに机上の勉強はある程度できているという証拠にTOEICで高得点を取ることを条件に出されました。

正直なところ、あまり自身はありませんでしたが、家族にお金を出してもらう以上、僕はそれに従うしかありませんでした。

できることならあまり時間を掛けず、サクッと攻略したいのですが、そんなうまい話がある訳ない…と思いながらたどり着いたのがセレンさんの教えるTOEICメソッドです。

単語や文法の勉強は高校卒業以来でしたが、最低限の必要知識はだいたい1ヶ月程度で習得することができました!

単語だけでなく、重要なセンテンスを丸ごと頭にインプットするので、使われ方も一緒に覚えられることが効率の良さだと思います。

すぐに結果も出てくるので、飽き性の僕でもなんとかやり遂げることができ、最終的には目的通り840点ほどマークできたので、これで自信を持ってワーホリに行くことができます!

セレン式TOEICメゾッドHP

悪い口コミ・悪評について

悪い口コミ・悪評について

口コミに関して公平性を保つために、セレン式TOEICメソッドについて、ネット上から批判的に書かれている意見も集めてみました。

下記より分かることは、セレン式TOEICメソッドに関するピンポイントな悪評というよりは、個人の感じ方や目的の違いに起因するものだと思います。

皆さんはいかが感じるでしょうか。

受講料金が高く感じる

3ヶ月のカリキュラムで、受講料金が20万円以上するのは、少し高いと感じました。

英語は勉強すれば必ず実力がつくので、挫折しなければ問題ないとは思いますが、このカリキュラムは、挫折させない「環境」も込みで料金に含まれているということでしょうかね。

まぁ講師も有名な方なので、そういった意味でブランド価値があるのかもしれませんが。

結果が出るまでの時間について個人差が大きいと感じる

最短3か月で800点を狙えるということですが、これに関しては個人差もあると思います。

極論になりますが、アルファベットも分からない状態であれば、そもそもTOEICのテクニック以前の問題ですからね(笑)

TOEICの学習法やコツなどを効率的に学べることは嘘ではないと思いますが、下地が全くない人については、相応の努力が必要になるはずです。

ですので、必ず誰でも短期間で800点を狙えると思わない方がいいかもしれませんね。

あくまでそういった成功事例もあるよ、という認識ぐらいが丁度いいと思います。

セレン式TOEICメゾッドHP

まとめ:上司に近づくより、世界に近づけ!

まとめ:上司に近づくより、世界に近づけ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回の英語学習を通して、英語に関する実力だけでなく私の仕事観が大きく変わりました。

仕事で成長を求めている方は、上司に近づくより、英語を学んで世界に近づいた方がよっぽど懸命な判断だということです。

会社の知識やノウハウは、ほとんどその会社でしか活用できませんが、英語ができれば世界で活躍できる人材になれる可能性があるからです。

最後に、私の成長記録を少し紹介して、セレン式TOEICメソッドの紹介を締めたいと思います。もう少しだけお付き合いください。

1ヶ月目はとにかく単語や文法の暗唱に努めました。

覚えるのは苦手でしたが、音読やリズムを使って、体で覚えた感じですね。仕事の都合もあり、結構大変な期間でした。

2ヶ月目は、実際に問題を解きつつ、TOEICのコツやテクニックを覚え、3ヶ月目にはひたすら量をこなす感じですね。

気になる結果はというと、780点を取ることができました。

800点まであと少しでしたが、本来の目的である720点を超えたので、昇進試験も無事に突破することができたので、本当に感謝です。

皆さんの中にも、短期間でTOEICを仕上げたい!キャリアアップのために英語を学び世界で活躍できる人材になりたい!という方はぜひセレン式TOEICメソッドに先行投資してみてください。

英語は一生使える武器になりますので、仕事やプライベートにおいても、より人生を豊かにしてくれると思いますよ!

セレン式TOEICメゾッドHP