セレン式TOEICメソッドの具体的な勉強量

セレン式TOEICメソッドの具体的な勉強量

セレン式TOEICメソッドでは最速たった3ヶ月でTOEIC800点も可能!

最初にこれを見た時、私は次のように考えました。

(3ヶ月でどれくらい勉強することになるんだろう?)

(1日に10時間とか勉強するのは無理だよなぁ)

どんなに優れたメソッドでも、圧倒的な時間と勉強量で強行突破するようなやり方では、再現性に乏しいです。

そこで実践した私が、具体的にどれくらい勉強してきたのかを説明したいと思います。

セレン式TOEICメゾッドHP

社会人の勉強時間は平均1日6分

結論をお話しする前に、皆さんにお尋ねしたいことがあります。

皆さんは、普段どれくらい勉強しているでしょうか?

ギクリと思われる方も多いと思いますが、実際のところ社会人として働きながら、勉強や自己投資している方は極めて少ないです。

先日ヤフーニュースのトピックにも上がっていましたが、ある調査で明らかになったのは、社会人の1日の平均勉強時間は6分間だけだそうです。

確かに仕事から疲れた後に、何もやる気が起きないというのも分かりますが、それにしても少なすぎますね(笑)

逆に考えれば、英語に限らず何らかの勉強を毎日少しずつ継続するだけで、圧倒的に抜きん出た存在になれるということです。

私はこれを知ってからというもの、以前よりモチベーションが高く、勉強に励むことができました。

是非とも、念頭に置いていただければと思います。

受講期間中の勉強時間について

結論から言えば、1日3〜4時間ぐらいは勉強していたと思います。

これはセレン式TOEICメソッドとして、決まった時間に受けるオンライン授業以外の勉強時間です。

そんなに勉強する必要があるのか…と思うかもしれませんが、元々の私の出来が悪かったというのもあります。

会社の昇進のために、400点→720点までスコアアップさせる必要があったわけなので、それなりに必死で勉強時間も必要でした。

ですので、当時の私にはアフターファイブを楽しむという概念はなく、むしろ仕事が始まるビフォアーファイブまで勉強をやっていた、なんて日もありましたね。

ここまで聞くと、なんてストイックな人なんだと思うかもしれませんが、不思議とそこまで苦ではなかったのです。

やればやるだけスコアはぐんぐん伸びていきましたし、いかに早く効率を求めて解答できるか、一種のゲーム感覚で楽しめていた部分もあります。

また、TOEICで良い得点を取ったその後の展望を考えると、毎日モチベーションも溢れ出てきましたからね。

ですので私から言えることは、勉強時間を気にするよりも楽しめそうな勉強法なのか、目的やビジョンを持っているのかで考えてみるのがいいと思います。

セレン式TOEICメゾッドHP
TOPページを見る