1日で覚える単語の限界について

1日で覚える単語の限界について

TOEICで800点取るために必要な英単語は約7000語と伝えましたが、ちょっと多い気もしますよね。

本当にそれだけの量を覚えきれるか不安に感じる方も多いと思います。

そこで本節では、1日で覚える単語の限界と、私の体験談を紹介したいと思います。

セレン式TOEICメゾッドHP

インプット可能な単語数の目安

とある学習塾の調査によれば、個人差はあるものの、人は1時間で50個ほどの英単語を覚えれるようです。

100語覚えようと思ったら、2時間の学習時間を確保する必要があるということですね。

つまり1日で覚えきれる単語数を把握しようと思ったら、自分がどれくらいの時間を確保できるかを考えてみると良さそうです。

また覚え方にも少しコツがあって、覚えたら次、覚えたら次というふうに1つずつ覚えるのではなく、全体をパラパラと薄く覚えて、それを何周もするといったやり方が効率的だと多くの書籍や文献にて紹介されています。

受講期間中、単語にどれくらいの時間を使ったのか?

私の場合、単語と文法含めて1日あたり3時間ぐらいは費やしました。

というよりも最初のうちは、それしかやっていませんね(笑)

元の知識が少なかったものですから、覚えたい単語や文法が含まれたセンテンスを丸ごと覚える、というのを繰り返していたと思います。

ここまで聞くと結構大変に聞こえると思いますが、案外やればなんとかなります!

1日にそれだけの時間を使えば、1ヶ月でだいたい5000語近く詰め込めるので、これだけ覚えきれば、もう単語に困ることはありません。

単語の知識は英文の速読にも大きく影響を与えるので、最初のうちに覚えていたほうが、問題を解く上でも効率がいいですからね。

覚える速さは加速する

また実践して感じたのは、英文を覚える速さは、だんだん早くなっていくということです。

既存の知識が多くなれば、新しくインプットする知識との結びつきも見つけやすくなるので、関連してどんどん頭なの中に入っていくんですよね。

また文中に知らない単語が出て来ても、文脈から判断できるようになり、わざわざ調べなくても問題を解き進めながら、インプットも同時にできちゃうわけです。

そんなかんじで、単語や文法を覚える最初のステップも、慣れてしまえばサクッと攻略できるのです!

セレン式TOEICメゾッドHP
TOPページを見る