リスニング力を鍛えるために

リスニング力を鍛えるために

リスニングは苦手でしたが、英語が聞き取れない理由を抑えた上で、セレン式のトレーニング方法で鍛えることができました。

特に英語が聞き取れない理由については、学習効率に大きく関係してくるので、ぜひ知っていただきたいと思います。

セレン式TOEICメゾッドHP

英語が聞き取れない理由

英語が聞き取れない理由は、大きく分けて2つあります。

まず1つ目は、シンプルに知識が足りないからです。

知らない単語やイディオムがあればそこで理解を止めてしまい、どんどん英文の音声だけが流れていく、という感じですね。

日本語で考えてみてください。

津軽弁みたいな訛りの強い表現でも、最初からある程度聞き取れますよね。

それは日本語の単語を数多く知っているからであり、分からない部分でも、なんとなく文脈からイメージできるはずです。

そして2つ目は、スピードに対応できていないからです。

少量の英文であったり、ゆっくりな会話表現であれば聞き取れる人も多いですが、問題終盤の早いスピードのリスニングに付いてこれる人は少ないでしょう。

こちらも速さに圧倒されて、思考が停止してしまうといったケースになるのが定番ですね。

セレン式のリスニングトレーニング法

知識が増えて来たら、あとは繰り返し聞くことで英語耳は洗練されていきます。

ただそれだと普通のリスニング練習になってしまうので、少しだけ「セレン式」のやり方を紹介したいと思います。

セレン式では、ディクテーションと音読をメインに行います。

ディクテーションについて、聞きなれない言葉だと思いますが、英語の音声を聞きながら流れてくる単語を文字起こしするトレーニングです。

なぜこんな作業を行うのか、それはディクテーションによってどの部分が聞き取れていないのか明確にするためです。

聞き取れなかった部分を重点的に聞き、音読を重ねることで、効率的に英語耳を作っていくことができます。

もうすでに聞き取れている部分を重ねて聞き取り練習しても効果は薄いですからね、そういった意味でも分からない部分に絞ってトレーニングするセレン式は、とても効率的な学習方法だと思います。

セレン式TOEICメゾッドHP
TOPページを見る